05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もねぷた祭り

今年もまもなくこの季節

我が家の夏は ねぷた祭り


去年の写真でもご覧くださいな




ねぷた城南

で・・でかい。





ねぷたまつり

青森のねぶたまつりではございません。

弘前のねぷたまつりです。

ね  た
じゃなく

 ぷ  たまつり

私の故郷のおまつり



城南見送り


こちらはねぷたの後ろ側

「見送り絵」といいます
よく幽霊画が描かれて、なんとも おどろおどろしい~でしょ




ねぷた西


人形ねぷたもあります






ねぷた


人の大きさを見てみると・・・・・

ねぷたの大きさわかると思います。

でもこれは中型
大型ねぷたはもっともっと大きくて迫力があります。





今年も震災に負けず、例年どうり8月1日から7日まで運行が行われます。

子供達と一緒に。今年も参加しに、来週には弘前へ帰省です。
スポンサーサイト

帰省でストレス

今帰省中。
しばらくいると、色いろとストレスが溜まる。

もうそろそろ埼玉へ戻ろうかと思う。

私の居場所はここには無い。


ねぷたの写真もたくさん撮ったけど、あとでゆっくりアップします。

帰省 ストレス編

今年も実家へ帰省してきました。

今回は12日間と、通年よりも1週間も長くいたけど。


失敗だった~。


ちゃちゃっと行って、とっとと戻ってくればよかったな。  私の誤算・・・。




ストレス溜まりまくりの12日間だった。


愚痴のオンパレードになるけど、少しお付き合いくださいな。(苦手な方はスルーでお願いします・・)






話は飛び飛びになるけど、
子供を育ててる私にとって、やっぱり苦手なタイプの子供がいる。

私の中では「お殿様」と呼んでるけど
例えばご飯の時。

椅子にで~~んと座って、
「ママー、お茶とってーー!」とか「ママ~、スプーン」とか。
お殿様のママは
「はいはい、ちょっと待っててね~」と何でもしてあげる。
椅子に座ってるだけで、目の前にちゃ~んとご飯が用意される。
足りないものはママが何でも用意してくれるから。

まだ小さい子ならまだしも、幼稚園の年長さんくらいになったら配膳くらいできるでしょ。
遊びの中の一つとして教えてあげれば、子供はおもしろがってお手伝いしてくれるし、自然にできるようになる。
やけどやけがをしない程度なら、お皿を割ったって、おつゆをこぼしたっていいじゃない。失敗して覚えていくようになるんだし。
これが私の考え・・というか育児論。

これがいいのか悪いのかは自信ないけどね。

で、
帰省して・・・・・・
長男夫婦の子供が、まさにそのタイプだった・・。


しょっぱなから。ダメージ。


一緒に食事するとイライラ。
食事のたびにイライラが倍増される。

まあ人様の事なのでああだこうだは言いたくないし、言わないべきなのだろうけど、それにしても・・・って感じ。

ひとりっこでもない。
3人兄弟の長男。
まだ0歳の赤ちゃんもいる。

もっともっと自分で出来る事は自分でやらせてあげればいいのにな~と。
きっとはりきって出来るようになるんじゃないのかなあ~と。

私に向かって自分の子たちを「かわいくて、かわいくて~~~」とぬかす。


お殿様はお風呂でもお殿様だった。

風呂のドアを開けて、ママが洗ってくれるのをひたすら待ってた。
湯船につかって待ってる様はまさに「お殿様」

二人の手のかかる妹たちが、やれおしっこだ~、おっぱいだ~とママはバタバタなのにお殿様はママに洗ってもらうのをひたすら待っていた。
見かねた私は「自分であらってごらん」っといってみるけど、「できな~い」
「もう年長さんだからきっとできるよ~」と私。
「やだ~~~、ママにやってもらわないとできないんだもーん」とお殿様。

そこへ「いっしょに入ろうよー」と私の息子達が湯船に入った。
バシャバシャと水がはねてお殿様の目に入ってしまった。

「うえ~~~ん ママーー めめに水はいったああああ~~~」
と泣き出した。

私はあわてて「ごめんね~」といってみるけど、内心????????
そして息子達を怒る羽目に。


リンゴ畑と自然にかこまれてる実家。

お殿様はお外で遊ばない。虫が怖いらしい。

朝から晩まで外で遊びまくった息子達。もちろんどろんこまみれ。すり傷だらけ。
普段出来ない事を思いっきりさせたいという私の親心。
でもなんというのかな・・・・・
そんな元気な姿も、「うるさすぎる」「らんぼうすぎる」としか映ってなかったようで。

決してお殿様にけがをさせたとか、いじわるしたとかはないのだけれど。

男兄弟だから遊びが激しかったのは事実。それは申し訳なかったかな~と思ってる。

でも結局、息子たちを怒ってばっかりだった。

「あれやっちゃダメ!!」「これやっちゃダメ!!」とかなり言われてるみたいで、一緒に遊ぶのも一苦労。
心配性なお殿様のママは、私の息子達と一緒に遊んでる様子が気になってしょうがないようで、そうなると私も気になってしょうがない。車もいっさい通らない実家の敷地で遊んでるだけなのに。

そしてすこ~し転んで擦りむいただけで大声で泣いて戻ってくる。
私なら「ああ~~大丈夫大丈夫。それ~あそんでおいでー」なタイプ。たぶんお殿様ママにしてみれば、信じられない光景なようで・・。
丁寧な傷の処置・・・・・。見習った方がいいのかも。
「また怪我するから家で遊んだらー」と一言。・・・・・・・・・あれ????????
子供は怪我してなんぼだと思ってたけど。
痛い思いたくさんしなきゃ。
あれ?????????????????????

私が間違ってるのか?いや・・。おかしくない。あれ???

しばらく一緒に過ごしてたら、なんだか訳がわからなくなった。そして元気な息子達が私の目にも「らんぼうもの」に見えてきてしまう始末。
精神的に参ってしまった。

そして怒られてばっかりになった息子達に向かって、
「わ~~いわ~~い。またおこられた~~!べ~ろべ~ろばああ!!」と怒られてる息子たちの事からかいはじめた。
プチ~~~~ン!!
我慢の限界。
「怒られてるときそうやって言われると誰だっていやでしょーーーーー!!あっちいってなさーい!!」

一度キレるともうがまんができない私。
大人げないのも重々承知。

最後は、ホテルをとってそこで数日過ごした。
「実家に帰ってホテルに泊まって・・・何やってんだろう・・」

実家のじじばば。
何度か書いてるけど、自営で食堂をやってるため、実家にはほとんどいない。

帰省といってもお嫁さんとその子供達しか実家にはいないから、お嫁さんにしてみたらきっと迷惑なんだろうと思う。実家の両親だって日に日に迷惑顏になるのが見てわかるし。


そうそう。思い出した。昔から私は迷惑な存在。
母とは気が合わずいつもケンカばかり。そんな様子をいつも見ていた弟は、最後には「頼むから家から出て行ってくれ。」と泣きながら私にいってきたっけ。それで私も気が付いて、「この家には私は迷惑な存在なんだ」と家を出た。今から20年もまえの話だけどね。
そのことが鮮明に思いおこされ、涙が止まらなかった。居るだけで迷惑なんだな~と悲しくて悲しくて。

そんな私の子育ても、きっと間違ってると思われてるんだろうな。と。

今までの私だけならまだしも、子供達の存在も否定されてるみたいで悲しかった。寂しかった。

実家にいるとそんな感じだから、息子達をつれてじじばばの食堂に行くと、「またきたの?!」としかめっ面される。「お客さん居るから静かにしてなさい」と。私が小さい頃よく言われた言葉。嫌な言葉。話したいこといっぱいあったのに「おとなしく静かにしてなさい」と。

そんなこんなんで、昔の寂しかった感覚や、迷惑な存在だった自分がドバっと思い出されてしまった、何とも言えない帰省になった。
そして子育てを考え直す機会にもなった。
統合失調症の私が偉そうなことは言えないかもしれないけど、例えこんな病気でも、我が子を思う気持ちはみんな一緒。私が病気だからこそかもしれないけど、子供達には自分の事は自分で出来るように・・・。将来のことを言えば、自分で生きていけるように、自立できるように育てる。これが基本なんだと思ってる。
だからお殿様は受け入れられない自分がいる。「この先だいじょうぶなのかな」と心配になる・・・・・。けど、私がどうこう言ったって誰も気持ちのいいものでもない。お殿様ママもきっと一生懸命子育てしてるんだと思う。
それがただ私とあわないだけ。
お嫁さんの事は好き。お殿様自身もおっとりしてて気は優しい子。ただただ子育て法が違うだけ。それだけ。

12日間もいたから、ストレスためて、そのあと自分で解決できた。
いくら兄弟とはいえ、人様の家庭の事。決して私がどうのこうの言ってはならない事。

そして、よみがえった寂しい気持ち、迷惑な存在だという事実。
これはもうどうしようもない。
「アダルトチルドレン」と言う言葉が浮かんだ。そして詳しく調べた。ぴったりはまる。
もがいてももがいても答えの出ない事。解決なんて出来ない事。
少し救われた気持ちになった。
少しでも分かってもらおう・・わかってほしい・・。そんな思いばかりだったけど、そうではなくてもいいんだと思えるようになった。この気持ちを抱えながらもでも大丈夫なんだと。そんな人がたくさんいる。私ばかりじゃないって事。過去にしがみついて過ごしていたのかと思う。もうそんな自分から卒業したいな。


12日間留守にしてた自宅へ戻った。

犬たちや猫達がうれしそうに迎えてくれた。
そして何より、仕事で行けなかったゆうさんが待っていてくれた。
こんな私の事を。
居るだけで迷惑なこんな私の事を、待っててくれたゆうさんがいる。
私の居場所があった。
日々のストレスで忘れかけてたそんな気持ち。
私の居場所はここで、私を必要としてくれる人がいる。

ゆうさんと結婚してホントによかったと思った瞬間だった。




帰省 その2

今日はとても調子がいい^^\

しばらくぶり。こんなに体が軽いのは。

さて、いつまで続くかな・・。





帰省でかなりのストレス溜めてた私だけど、調子が良くなったので帰省中の写真でもよかったらご覧ください^^

(こないだまでは、帰省中の話題を旦那さまと話すことすら抵抗があった私ですが・・。)











りんご公園帰省
「りんご公園」
昔(私がバスガイドをしていた若き18歳頃)りんご資料館みたいのがあって市内観光でよく案内してた場所。
でも最近?リニューアルして広ーい芝生やアスレチックやレストランなんかがあって子供は楽しめるところになったかな。
公園内、スピーカーで、美空ひばりさんの歌・・りんご~~~のは~な~びら~があ~~ってエンドレスで流れてます。




この長~い階段を上ると・・・・


岩木山
我故郷のお山「岩木山」がとっても綺麗にみえる



アスレチック
「リンゴ公園」だけあって遊具も「りんご」のかたち


りんごカレー
最後は「りんごカレー」を食べました

上に写ってるドレッシング

イタリアン、ごま、ソースとも「りんご」が入ってる(おいしかったのでGET!)



写メなので画像悪くてすいません・・。


と~ってものんびり、長閑。


しかーし。
この直後、うわさの「お殿様」が色々やらかして、私のゆった~りしていた気分がイライラへと変わってしまった「2011りんご公園の思い出」なのでした。




うみ*のお部屋へようこそ

うみ

Author:うみ
ようこそ!
息子達が2歳&4歳の時、統合失調症と診断されました。
あれから6年。
色んな事ありました。
体外受精にもチャレンジしましたが失敗に終わり、次回はまだ考え中・・・。

料理は大の苦手なぐ~たら主婦です。
病気の方は浮き沈みがかなり激しいけど、今は落ち着いてるほうかな・・
薬とお酒で10キロデブったけど、根性で最近もとに戻しました。

只今9歳と7歳の息子&5歳年下のパパゆうさん&じっちゃん&犬2匹&猫3匹のうるさい・・・もとい、賑やかな家族に囲まれてなんとか生きています。

相変わらず人に会うのは嫌なのでここで何でも書いてます。

最近の格言

「統合失調症で何が悪い」

ではごゆっくり~

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧


トウシツ闘病記

メンヘル+ひきこもりからの脱出計画

しんどい時はしんどいんじゃー!!無理すんなよな

RICH5のお部屋

とうしつ日記

ゆめ色のヒストリア

柚子の何でも日記

マウスについてくる犬の足跡

カテゴリ

覗いてくれて有難うございます。

オンラインカウンター

現在の閲覧者数:

励みになります

ポチッとよろしくお願いします

ポチっとヨロシク**

ブログランキング

フリーエリア

FC2ブログランキング

ランキングに参加してます。ポチッと一押しよろしくね。

FC2Blog Ranking

べんぴねこボタン

くろこさん

気になるブログを勝手にリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。